勤務先にバレないには、在籍確認なしのカードローンに申し込むと良い

Posted by sp-kanri on 4月 02, 2015
在籍確認なしカードローン

急な冠婚葬祭が続くと、お金が足りなくて生活がとても苦しくなってしまいます。
親や兄弟にお金を借りる方法もありますが、できるだけ身内にはお金で困っている所を見せたくないものです。
そんな時に利用すると便利なのが、カードローンです。カードローンは、住宅ローンやマイカーローンみたいに使い道が決まっていないので、自由にお金を使えるので便利です。
保証人や担保も必要ないので、気軽に申し込めるので人気があります。
カードローンの申込みには、運転免許証や健康保険証などの本人確認証を提出する必要がありますが、借入額が50万円未満なら、収入証明証などは必要ないので便利です。
申し込めば誰でもお金が借りれるわけではなく、審査があるので審査に通る必要があります。
今までに返済の遅延や滞納などがあった場合や、他社からの借り入れがある場合は、申告に嘘を書いたりすると、あとで調べられ、信用できない人と思われるので、正直に申告することが大事です。
申込書に誤字脱字がある場合も、嘘を書いていると思われ審査に落とされるので、書類を提出する場合は、何度も確認してから提出しましょう。
カードローンの審査には、電話による在籍確認があります。
申込書に記入された勤務先に電話して、本人がそこで働いているか確認するものです。
勤務先の電話番号は、会社の代表の番号は書かず、本人が働いている部署の電話番号を書くようにしましょう。
勤務先に電話がかかってくると、職場の人にお金を借りることがバレないか心配ですが、消費者金融などの会社名は名乗らず、個人名を名乗るので安心です。
どうしても会社に電話をかけてほしくないなら在籍確認なしの消費者金融などに申し込むといいでしょう。
モビットやプロミスなどは在籍確認なしで審査がおこなえます。
在籍確認なしの所でも、社員証や組合証などの提出が条件になるので、よく担当者と話し合ってください。

Comments are closed.